十千しゃなお 電子書籍 オススメ

電子書籍。その中でも素人さんの作品を紹介するサイト。だったはずが最近は全く紹介出来ていないサイト

カテゴリ: ウマ娘

お久しぶりです。
十千しゃなおです。
今回は久しぶりにウマ娘の話です。

先日、何かのキャラクターが誕生日だったらしく、タイムラインにイラストが沢山流れてきたんですよ。リツイートで。
で、それで、ふと、そういえばウマ娘たちの誕生日はどんな具合なんだろうって調べてみることにしたんですけど、まぁ、少しでも競馬を知っている方ならお分かりだと思いますが、競走馬の誕生日って生殖期の関係でとても集中的なんですよね。
なので、調べる前からわかってはいましたが、

1月27日ファインモーション
2月4日ジョーダン
2月18日グラス
2月26日シャカール
2月27日ハルウララ
3月5日マンカフェ、ライス
3月6日ゴルシ
3月10日ユキノビジン、ビワ
3月12日アドマイヤベガ
3月13日ルドルフ、オペラオー
3月17日エルコン
3月21日チケット
3月23日シャトル
3月24日トップガン
3月25日ドトウ
3月26日アマゾン
3月27日オグリ、ロブロイ、フラッシュ
3月31日カレンチャン
4月3日マックイーン
4月4日ウオッカ、スマファル
4月5日フェスタ
4月6日グルーヴ
4月10日アイネス
4月11日ライアン
4月13日タキオン
4月14日バクシンオー、シンコウウインディ
4月15日フジキセキ
4月16日パール、ゴールドシチー、ネイチャ
4月19日ニシノフラワー
4月20日テイオー
4月25日ビコーペガサス、ヒシアケボノ、ブルボン
4月26日セイウン
5月1日スズカ
5月2日スペシャル
5月3日ブライアン
5月5日カワカミ
5月6日ドーベル
5月7日イナリ
5月9日スイープ
5月13日スカーレット
5月14日バンブ
5月15日デジタル
5月19日マルゼン
5月22日フクキタル
5月23日タマモ
5月27日クリーク
5月31日マベサン
6月10日タイシン


こんな感じになっているわけです。どうでしょう? 個人的には思ったよりバラけたかなぁ?という感じ。それでも3月後半とか5月前半のラッシュは凄まじいですけど……。

と、ここまでが前説みたいな感じで、やっと今回のテーマ[あなたはあの子を何て呼びますか?]に繋がります。

さっきの表?を見て、何か違和感を覚えた方はいらっしゃいますか?覚えます?覚えません?覚えないのなら十千さんと感性が似ているのかもしれません。

結構人それぞれなんですよね。競走馬の呼び方って。競馬歴だったり、東日本西日本でも違うのかな?

例えばサイレンススズカとか。
今はもうスズカが定着している感がありますが、当時はサイレンスと呼ぶ方も結構な数いました。
例えばスペシャルウィークとか。
今はスペって呼ぶ方が多数かと思いますが、当時はスペシャルと呼ばれることが多かったと記憶しています。
あとネット文化が発達してからはススズ(サイレンススズカ)、ウンス(セイウンスカイ)、インモー(ファインモーション)みたいな呼び方もチラホラ。リアルでそう呼んでいる方は見たことないですけど。ゴルシも昔だったらゴールド呼びかシップ呼びだったんじゃないかなぁ。

別にあれです。古参ぶりたいわけではないです。「最近の馬はだらしないのぅ。わしが若い頃にはシンザンという馬がおってな……」なんて言われたら敵いませんし、実際にWINZで言われたことありますし(絶対嘘じゃん……て思いましたけど)。

そうじゃなくて、ちょっと素敵だなって。その人の人となりが感じられる……とはまた違うのかもしれませんが、少なくとも色はなんとなくわかりますよね。
なので、何かに配慮して変えたりせず、そのままの呼び方で続けて欲しいなって思います。もちろん、ライブとかで公式からこの子はこう呼んでみたいなお達しがあった場合は、ライブ中はそれに従うのがマナーだと思いますけど。

というか、まぁあれですよね。これからゲームとかアニメとか始まれば、どんどん新しい呼び方が生まれると思うんですよ。競馬勢だけでは思いつかなかったような素敵だったり面白い呼び方が。それがとてもとても楽しみで楽しみで。……あー、でもリアル競走馬のほうをそういう呼び方で呼ぶのはちょっと危ないかも……。


なんか着地点が見えなくなってきたので今回はこんな感じ。

あなたはあの子を何て呼びますか?

お久しぶりです。
十千しゃなおです。
今回は前回よりも更に自己満足な自分用のメモです。


『世代』

・77世代
 マルゼンスキー
・84世代
 シンボリルドルフ
・87世代
 イナリワン
 ゴールドシチー
 タマモクロス
・88世代
 オグリキャップ
 スーパークリーク
 バンブーメモリー
・90世代
 アイネスフウジン※5月30日追記
 メジロマックイーン
 メジロライアン
・91世代
 トウカイテイオー
・92世代
 サクラバクシンオー※5月30日追記
 ニシノフラワー
 ミホノブルボン※5月30日追記
・93世代
 ウイニングチケット
 ナリタタイシン
 ビワハヤヒデ※5月30日追記 
・94世代
 ナリタブライアン
 ヒシアマゾン
 ビコーペガサス
・95世代
 ヒシアケボノ
 フジキセキ
 マーベラスサンデー 
・96世代
 エアグルーヴ
 シンコウウインディ※5月30日追記
・97世代
 サイレンススズカ
 シーキングザパール
 タイキシャトル
 マチカネフクキタル
 メイセイオペラ
・98世代
 スペシャルウィーク
 エルコンドルパサー
 グラスワンダー
 セイウンスカイ
・99世代
 テイエムオペラオー
 ハルウララ
・00世代
 エアシャカール
・01世代
 マンハッタンカフェ
・02世代
 ファインモーション
・04世代
 スイープトウショウ 
・06世代
 カワカミプリンセス
・07世代
 ウオッカ
 ダイワスカーレット
・08世代
 スマートファルコン
・09世代
 トーセンジョーダン
・12世代
 ゴールドシップ

『性別』

・牡馬
 アイネスフウジン※5月30日追記
 イナリワン
 ウイニングチケット
 エアシャカール
 エルコンドルパサー
 オグリキャップ
 グラスワンダー
 ゴールドシチー
 ゴールドシップ
 サイレンススズカ
 サクラバクシンオー※5月30日追記
 シンコウウインディ※5月30日追記
 シンボリルドルフ
 スーパークリーク
 スペシャルウィーク
 スマートファルコン
 セイウンスカイ
 タイキシャトル
 タマモクロス
 テイエムオペラオー
 トーセンジョーダン
 トウカイテイオー
 ナリタタイシン
 ナリタブライアン
 バンブーメモリー
 ヒシアケボノ
 ビコーペガサス
 ビワハヤヒデ※5月30日追記
 フジキセキ
 マーベラスサンデー
 マチカネフクキタル
 マルゼンスキー
 マンハッタンカフェ
 ミホノブルボン※5月30日追記
 メイセイオペラ
 メジロマックイーン
 メジロライアン
・牝馬
 ウオッカ
 エアグルーヴ
 カワカミプリンセス
 シーキングザパール
 スイープトウショウ※5月30日追記
 ダイワスカーレット
 ニシノフラワー
 ハルウララ
 ヒシアマゾン
 ファインモーション 

『特殊な生まれ』

・外国産馬(〇外)
 エルコンドルパサー
 グラスワンダー
 ゴールドシチー
 シーキングザパール
 タイキシャトル
 ビコーペガサス
 ヒシアケボノ
 ヒシアマゾン
 ファインモーション
 マルゼンスキー
・父内国産馬(旧〇父)
 ウオッカ
 カワカミプリンセス
 ゴールドシップ
 サクラバクシンオー※5月30日追記
 スマートファルコン
 ダイワスカーレット
 タマモクロス
 トーセンジョーダン
 トウカイテイオー
 ハルウララ
 メジロマックイーン
 メジロライアン

『父』

・父SS系
 エアシャカール
 サイレンススズカ
 スペシャルウィーク
 スマートファルコン
 ダイワスカーレット
 フジキセキ
 マーベラスサンデー
 マンハッタンカフェ
 ゴールドシップ
・父TB系
 ウイニングチケット
 エアグルーヴ
 トーセンジョーダン
・父BT系
 ウオッカ
 ナリタブライアン

『母父』

・母父シアトルスルー
 カワカミプリンセス
 シーキングザパール
 ヒシアケボノ
・母父ノーザンテースト
 エアグルーヴ
 サクラバクシンオー※5月30日追記
 ダイワスカーレット
 トーセンジョーダン
・母父ダンツィヒ
 グラスワンダー
 ニシノフラワー
・母父マルゼンスキー
 ウイニングチケット
 スペシャルウィーク

『牝系』

・1号族
 スーパークリーク
 ナリタタイシン
・2号族
 ニシノフラワー
・3号族
 ウオッカ
 スペシャルウィーク
 マチカネフクキタル
・4号族
 アイネスフウジン※5月30日追記
 エアシャカール
 カワカミプリンセス
 ゴールドシチー
 サクラバクシンオー※5月30日追記
 タイキシャトル
 ダイワスカーレット
 テイエムオペラオー
・5号族
 イナリワン
 エルコンドルパサー
 スイープトウショウ※5月30日追記
 バンブーメモリー
 ビコーペガサス
 マルゼンスキー
・6号族
 ヒシアケボノ
 メイセイオペラ
・7号族
 オグリキャップ
 シンコウウインディ※5月30日追記
 メジロマックイーン
 ヒシアマゾン
・8号族
 エアグルーヴ
 メジロライアン
・9号族
 サイレンススズカ
 スマートファルコン
 トーセンジョーダン
 マーベラスサンデー
・11号族
 ウイニングチケット
 シンボリルドルフ
 ファインモーション
 ミホノブルボン※5月30日追記
・12号族
 グラスワンダー
 ハルウララ
・13号族
 ナリタブライアン
 ビワハヤヒデ※5月30日追記
・16号族
 ゴールドシップ
 マンハッタンカフェ
・17号族
 シーキングザパール
・19号族
 トウカイテイオー
・21号族
 タマモクロス
・22号族
 フジキセキ
・23号族
 セイウンスカイ

『毛色』

・鹿毛
 イナリワン
 ウオッカ
 エアグルーヴ
 カワカミプリンセス
 サクラバクシンオー※5月30日追記
 シーキングザパール
 シンボリルドルフ
 スーパークリーク
 スイープトウショウ※5月30日追記
 トーセンジョーダン
 トウカイテイオー
 ナリタタイシン
 ハルウララ
 ビコーペガサス
 ファインモーション
 マルゼンスキー
 メジロライアン 
・黒鹿毛
 アイネスフウジン※5月30日追記
 ウイニングチケット
 エアシャカール
 エルコンドルパサー
 スペシャルウィーク
 ナリタブライアン
 ニシノフラワー
 ヒシアケボノ
 ヒシアマゾン 
・青鹿毛
 フジキセキ
 マンハッタンカフェ
・栗毛
 グラスワンダー
 サイレンススズカ
 シンコウウインディ
 スマートファルコン
 ダイワスカーレット
 テイエムオペラオー
 バンブーメモリー
 マチカネフクキタル
 ミホノブルボン※5月30日追記
 メイセイオペラ
・栃栗毛
 マーベラスサンデー
・尾花栗毛
 ゴールドシチー
 タイキシャトル
・葦毛
 オグリキャップ
 ゴールドシップ
 セイウンスカイ
 タマモクロス
 ビワハヤヒデ※5月30日追記
 メジロマックイーン

『成績』

・GⅠ七勝
 ウオッカ(阪神JF、日本ダービー、安田記念×2、ヴィクトリアマイル、秋の天皇賞、ジャパンカップ)
 シンボリルドルフ(皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念、春の天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念)
 テイエムオペラオー(皐月賞、春の天皇賞×2、宝塚記念、秋の天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念)
・GⅠ六勝
 ゴールドシップ(皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念×2、春の天皇賞)
・GⅠ五勝 ※海外含む
 タイキシャトル(マイルCS、スプリンターズS、安田記念、ジャック・ル・マロワ賞、マイルCS)
 ナリタブライアン(朝日杯3歳S、皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念)
・GⅠ四勝
 オグリキャップ(有馬記念×2、マイルCS、安田記念)
 グラスワンダー(朝日杯3歳S、有馬記念×2、宝塚記念)
 スペシャルウィーク(日本ダービー、春の天皇賞、秋の天皇賞、ジャパンカップ)
 ダイワスカーレット(桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、有馬記念)
 トウカイテイオー(皐月賞、日本ダービー、ジャパンカップ、有馬記念)
 メジロマックイーン(菊花賞、春の天皇賞×2、宝塚記念)
・GⅠ三勝 ※海外含む
 イナリワン(春の天皇賞、宝塚記念、有馬記念)
 エルコンドルパサー(NHKマイルC、ジャパンカップ、サンクルー大賞)
 スーパークリーク(菊花賞、秋の天皇賞、春の天皇賞)
 スイープトウショウ(秋華賞、宝塚記念、エリザベス女王杯)※5月30日追記
 タマモクロス(春の天皇賞、宝塚記念、秋の天皇賞)
 ビワハヤヒデ(菊花賞、春の天皇賞、宝塚記念)※5月30日追記
 マンハッタンカフェ(菊花賞、有馬記念、春の天皇賞)
 ミホノブルボン(朝日杯3歳S、皐月賞、日本ダービー)※5月30日追記
・GⅠ二勝 ※海外含む
 アイネスフウジン(朝日杯3歳S、日本ダービー)※5月30日追記
 エアグルーヴ(オークス、秋の天皇賞)
 エアシャカール(皐月賞、菊花賞)
 カワカミプリンセス(オークス、秋華賞)
 サクラバクシンオー(スプリンターズS×2)※5月30日追記
 シーキングザパール(NHKマイルC、モーリス・ド・ギース賞)
 セイウンスカイ(皐月賞、菊花賞)
 ニシノフラワー(桜花賞、スプリンターズS)
 バンブーメモリー(安田記念、スプリンターズS)
 ファインモーション(秋華賞、エリザベス女王杯)
・GⅠ一勝 ※地方含まず
 ウイニングチケット(日本ダービー)
 ゴールドシチー(阪神3歳S)
 サイレンススズカ(宝塚記念)
 シンコウウインディ(フェブラリーS)※5月30日追記
 トーセンジョーダン(秋の天皇賞)
 ナリタタイシン(皐月賞)
 ヒシアケボノ(スプリンターズS)
 ヒシアマゾン(エリザベス女王杯)
 フジキセキ(朝日杯3歳S)
 マーベラスクラウン(宝塚記念)
 マチカネフクキタル(菊花賞)
 マルゼンスキー(朝日杯3歳S ※当時はグレード制導入前)
 メイセイオペラ(フェブラリーS)
 メジロライアン(宝塚記念)

・三冠馬
 シンボリルドルフ
 ナリタブライアン
・二冠馬
 エアシャカール
 ゴールドシップ
 セイウンスカイ
 トウカイテイオー
 ミホノブルボン※5月30日追記
・牝馬二冠馬
 カワカミプリンセス
 ダイワスカーレット
・秋古馬三冠
 テイエムオペラオー
・天皇賞春秋制覇
 スーパークリーク
 スペシャルウィーク
 タマモクロス
 テイエムオペラオー
・グランプリ春秋制覇
 イナリワン
 グラスワンダー
 ゴールドシップ
 テイエムオペラオー
・古馬混合マイルGⅠ春秋制覇
 オグリキャップ
 タイキシャトル
・古馬混合GⅠを制した牝
 ウオッカ
 エアグルーヴ
 スイープトウショウ※5月30日追記
 ダイワスカーレット
 ニシノフラワー
 ヒシアケボノ
 (シーキングザパール※海外)
・海外GⅠ勝ち馬
 エルコンドルパサー
 シーキングザパール
 タイキシャトル 
・ダート馬
 シンコウウインディ※5月30日追記
 スマートファルコン
 メイセイオペラ

『主戦』(複数該当ケースのみ)

・主戦武豊
 エアグルーヴ
 エアシャカール
 サイレンススズカ
 シーキングザパール
 スーパークリーク
 スペシャルウィーク
 スマートファルコン
 ナリタタイシン
 バンブーメモリー
 ファインモーション
 マーベラスサンデー
 メジロマックイーン
・主戦岡部幸雄
 シンコウウインディ※5月30日追記
 シンボリルドルフ
 タイキシャトル
 ビワハヤヒデ※5月30日追記
・主戦角田晃一
 ヒシアケボノ
 フジキセキ
・主戦本田優
 カワカミプリンセス
 ゴールドシチー
・主戦横山典弘
 セイウンスカイ
 メジロライアン
・主戦蛯名正義
 エルコンドルパサー
 マンハッタンカフェ
・主戦南井克巳
 タマモクロス
 ナリタブライアン

『所属』(複数該当ケースのみ)

・伊藤雄二厩舎
 ウイニングチケット
 エアグルーヴ
 ファインモーション
・森秀行厩舎
 エアシャカール
 シーキングザパール
・大久保正陽厩舎
 ナリタタイシン
 ナリタブライアン
・関東馬
 アイネスフウジン※5月30日追記
 イナリワン
 エルコンドルパサー
 グラスワンダー
 サクラバクシンオー※5月30日追記
 シンコウウインディ※5月30日追記
 シンボリルドルフ
 セイウンスカイ
 タイキシャトル
 ヒシアマゾン
 マルゼンスキー
 マンハッタンカフェ
 メジロライアン
 ↑とメイセイオペラ以外関西馬 
 

お久しぶりです。
十千しゃなおです。
今回は雑感というより個人的なメモ。

5月6日時点で登場済みのウマ娘。と馬主
スペシャルウィーク 臼田浩義(途中から社台グループ半持ち)
サイレンススズカ  永井啓弐
トウカイテイオー 内村正則
ウオッカ 谷水雄三 
エアグルーヴ 吉原毎文→ラッキーフィールド
エルコンドルパサー 渡邊隆
オグリキャップ 小栗孝一→佐橋五十雄→近藤俊典
グラスワンダー 半沢
ゴールドシップ 小林栄一→小林栄一ホールディングス
シンボリルドルフ シンボリ牧場
タイキシャトル 大樹ファーム
ダイワスカーレット 大城敬三・吉田照哉
テイエムオペラオー 竹園正継(つぐの字は難しいやつ)
ナリタブライアン 山路秀則
ヒシアマゾン 阿部雅一朗
フジキセキ  齋藤四方司 
マルゼンスキー 橋本善吉
メジロマックイーン メジロ商事
セイウンスカイ? 西山正行→西山牧場
メイセイオペラ? 明正商事
ウイニングチケット? 太田美實
タマモクロス? タマモ
シーキングザパール? 植中倫子→植中昌子→アメリカへ
マンハッタンカフェ? 西川清・吉田照哉
トーセンジョーダン? 島川隆哉
ハルウララ? 信田牧場→横山貴男→エムエイオフィス
カワカミプリンセス? 三石川上牧場
メジロライアン? メジロ商事
マチカネフクキタル? 細川益男
ファインモーション? 伏木田達男
スマートファルコン? 大川徹
ナリタタイシン? 山路秀則
エアシャカール? ラッキーフィールド
ゴールドシチー? 友駿ホースクラブ
スーパークリーク? 木倉誠
イナリワン? 保手浜弘規
ニシノフラワー? 西山正行
ビコーペガサス?  レジェンド
ヒシアケボノ? 阿部雅一朗※5月30日追記
バンブーメモリー? 竹田辰一※5月30日追記
マーベラスサンデー? 笠原貞生※5月30日追記 
ミホノブルボン? ミホノインターナショナル※5月30日追記
スイープトウショウ? トウショウ産業※5月30日追記
アイネスフウジン? 小林正明※5月30日追記
ビワハヤヒデ? ビワ※5月30日追記
サクラバクシンオー? さくらコマース※5月30日追記
シンコウウインディ? 安田修※5月30日追記   


登場済み馬主の未登場有力馬 ◎GⅠ馬 ○重賞馬 

臼田浩義 ○サイレントハンター ○ハイアーゲーム

永井啓弐 ◎スズカフェニックス ◎スズカマンボ ○ゴーイングスズカ ○ラスカルスズカ(サイレンススズカ弟) などなど

内村正則 ◎トウカイローマン ◎トウカイポイント ○トウカイトリック などなど

谷水雄三 ◎タニノチカラ ◎タニノギムレット ◎ビッグウィーク などなど(信夫さんのも入れると◎タニノハローモア ◎タニノムーティエ)

吉原毎文(ラッキーフィールド) ◎エアジハード ◎エアメサイア ○エアダブリン(母ダンシングキイ) などなど

渡邊隆 ◎オフサイドトラップ

小栗孝一 ◎オグリローマン

シンボリ牧場 ◎シンボリクリスエス ◎シンボリインディ ◎シリウスシンボリ(和田共弘名義) ◎スピードシンボリ(和田共弘名義) ○マティリアル(和田共弘名義。ゴールドシチーと同期) などなど

大樹ファーム ◎タイキフォーチュン ◎タイキブリザード ◎タイキシャーロック(メイセイオペラと関わりあり) などなど

大城敬三 ◎ダイワメジャー(ダイワスカーレット兄) ◎ダイワエルシーロ などなど

吉田照哉 ◎エリンコート ◎ギャラントダンサー(境遇はマルゼンスキーに似ている) ◎サンテミリオン ◎スクリーンヒーロー ◎スティンガー ◎ストロングリターン ◎デュランダル ◎ロゴタイプ などなど

竹園正継 ◎テイエムオーシャン ◎テイエムプリキュア(プリキュアって名前がダメ?) などなど

山路秀則 ◎ナリタトップロード(テイエムオペラオーが出ているので、まぁ) ○オースミハルカ(スイープトウショウが来るならワンチャン) などなど

阿部雅一朗 ◎ヒシミラクル など

齋藤四方司 ◎ジャングルポケット などなど

メジロ商事 ◎メジロアサマ ◎メジロティターン ◎メジロデュレン ◎メジロラモーヌ ◎メジロパーマー ◎メジロドーベル ◎メジロブライト などなど

西山正行(西山牧場) ◎カブトシロー(古すぎる?) ◎パラダイスクリーク(アメリカで活躍) ○ニシノライデン(シンボリルドルフと同期) などなど

太田美實 ◎エイジアンウインズ(ウオッカにあの府中で勝った牝馬) ○ロイヤルタッチ(サンデー四天王) などなど

西川清 ◎イーグルカフェ などなど

島川隆哉 ◎トーセンラー ○トーセンホマレボシ(ジョーダン弟。ディープブリランテが出るならワンチャン?)  ○トーセンシャナオー(き、貴重な尾花栗毛ですし……) などなど

友駿ホースクラブ ◎タップダンスシチー ◎エスポワールシチー ○キョウトシチー(貴重な京都枠で……。名前以外京都感ないですが) などなど
 
※5月30日追記
竹田辰一 ◎バンブービギン ◎バンブーアトラス など

笠原貞生 ◎マーベラスクラウン(せん馬だからってお姉キャラにされそう……) など

トウショウ産業 ◎トウショウボーイ(天馬) ◎シスタートウショウ(美少女) 〇トウショウファルコ(走るベルばら) 〇シーイズトウショウ などなど

ビワ ◎ビワハイジ(エアグルーヴと同期。母としても優秀) 〇ビワタケヒデ(ビワハヤヒデとナリタブライアンの弟) など

さくらコマース ◎サクライワイ(古すぎるか) ◎サクラショウリ(まぁまぁ古い) ◎サクラゴッド ◎サクラユタカオー ◎サクラスターオー(ゴールドシチー同期。悲劇の世代最大の悲劇) ◎サクラチヨノオー ◎サクラホクトオー ◎サクラチトセオー ◎サクラローレル(ナリタブライアン同期。マーベラスクラウン、マヤノトップガン(まだ未登場)と合わせて三強) ◎サクラキャンドル

安田修 ◎シンコウラブリィ ◎シンコウフォレスト ◎シンコウキング



そんな久しぶりではないです。
十千しゃなおです。

最近色々直してカクヨムに上げていますが、よくなっているかはわかりません。もう少し参考にしてる本を読み込んで写経すれば近づけるかも。いい文章にはともかく、その人の文章には。

小説関係はそんな感じで短め。今日のテーマはウマ娘なので。

去年の春くらいにゲーム作るよって発表があってから、大分音沙汰のなかったウマ娘ですが、この間ようやく色々進展があったみたいです。で、そこら辺の話でここ最近思ったことを雑に。

・ゲームは鋭意制作中
みたいですね。新しいPVも発表されて。なんでレースを走ったあとにライブするのかはよくわかりませんが、三人一組っぽいところを見ると、なんとなくアイマスっぽいですね(アイマスやってことないですけど) 
 
 ……レース部分がゲームってことでいいんでしょうかね。それとも見るだけ? ライブ部分がゲーム? それとも見るだけ? よくわかりませんが、まぁ頑張って鋭意制作してください。

・アニメ化決定
みたいですね。おめでとうございます。十千さんはアニメ見ない馬勢なのですが、これで少しでも競馬が盛り上がればいいなぁと思っているので、とても応援しております。JRAもストリートファイターやら戦国無双やらとコラボしてましたし、わりと簡単にコラボ出来ると思うのですが、そこら辺はどうなんでしょうね。

・漫画の連載開始
されました。今のところ(4月13日現在)、2話配信されています。読んだ感想としては、こういう漫画にしては絵が綺麗だなーって感じです。
これまでに登場したウマ娘ごとの感想はこんな感じ。
スペシャルウィーク 
あー、やっぱり主人公ですよねースペは。空回りしそうな感じとか。岡部さんが「こんなに乗りにくいと思わなかった 」って言ったのもなんとなく頷けます。ショートカットが好きなので+20点。
サイレンススズカ
見た目通りお淑やかな感じ。こんな上品な子に旋回癖があると思うと、ちょっと可愛いです(誰か、わたわたしながらその場をぐるぐる回るスズカのGIF作ってくださいお願いします)。
スペとの邂逅シーンでは、史実では交わりそうで交わらなかった2頭の関係にちょっと思わされるところがありました。もしあの秋に何もなかったら、ジャパンカップであたってたのかなとか。
シンボリルドルフ
圧倒的強キャラ感。無敗の三冠馬は伊達じゃない感じ。
フジキセキ
フジ先輩。イケメン。なんとなく、怪我をしないことの重要性を語りそうなにおいがぷんぷんします。なんとなく。ショートカットが好きなので+20点
トウカイテイオー
スーパー可愛い。ルドルフとの併せ馬とか、お金を払ってでも見たいレベルで豪華。十千さんがトウカイテイオーという馬に抱くイメージよりかなり幼さが目立つ感じですが、天才の片鱗はちゃんとあるように見えて、スーパー可愛い。

・新キャラ追加祭り
これ。毎週三頭くらい増えてます。擬人化反対派ではないので、どんどん追加されるのは嬉しいです。好きな馬が追加されたら余計に。……トーセンジョーダン来たし、トーセンシャナオーもワンチャン来ませんかね? 貴重な金髪枠だし。▲くらいないですかね? ないですね。

・海外勢多い?
ウマ娘の絵をTwitterに載せる頻度が増えたのですが、結構海外の人っぽいアカウントにふぁぼやらRTやらされます。あれはどういうことなのでしょう。
ちなみに、Twitterのプロフィールにも書いているのですが、十千さんが載せている絵は基本的に友人が描いた絵です。本人がTwitterやらをやっていないので代わりに載せているのですが、よろしければふぁぼやらRTしてあげてください。友人が喜びます。
tosen2szukaticketteio-2cafeteio


 



































































































































































新キャラを中心に描くんでしょうかね? 

十千さんも友人も漫画は読むけどアニメとかには疎い馬勢なので、ウマ娘で仲良くしてくださる方はそっち系のことを教えてもらえると嬉しいです。声優さんとか、今名前が出てる人だと高橋未奈美さんくらいしか知らないので。

えーと、他にも色々書こうと思ったのですが、長くなってしまったのでまたいずれということで。 

 ウマ娘です。
 十千しゃなおです。
 今日は約束通り、先日 Cygamesさんから制作が発表されたウマ娘 プリティダービーについてのブログに致しましょう。

 まずはこれを。

 まだ制作の発表がされたばかりで、PVくらいしか素材はないのですが、十千さんを含め、お馬さん大好き競馬クラスタの人々は一体どの女の子がどの馬なのかを予想してきました。今日はどの女の子がどの馬なのかと、その馬についてちょっと紹介しようかなって思います。
※ついでにその馬のベストレースの動画を貼りますが、これらの動画の権利って……。

 先にルール?を説明。
 これから紹介するのはPVのレースで走っている18頭。
 18頭の理由は走っているレース(日本ダービー)がフルゲート18頭だから。
 レースの中でショートパンツを履いている馬は牡、ブルマをはいているのは牝という有力な説を予想の根拠に入れています。


 じゃあ、まず◎(間違いなくこれでしょって)馬から紹介しましょう。◎なので「え? 予想の根拠は?」という質問は受け付けません。
1458965620_2_4_dc0829af3e1d55810053796a201698ff

 










 これは簡単ですね? そう、日本競馬史で唯一[皇帝]と呼ばれた馬、シンボリルドルフです。

シンボリルドルフ 牡 父パーソロン 母スイートルナ(母の父スピードシンボリ)
16戦13勝GⅠ7勝
主な勝ち鞍
・皐月賞 ・日本ダービー ・菊花賞 ・春の天皇賞 ・ジャパンカップ ・有馬記念×2

 無敗で三冠(皐月賞・日本ダービー・菊花賞のこと。三歳しか出走することが出来ないため、挑戦するチャンスは一度きり)を制し、史上初にして現在でも最高到達点である七冠馬の栄誉を授かった名馬です。
先行してそのまま押し切るという堂々たるレースぶりは安定感抜群で、当時のファンには[サイボーグ]とも呼ばれていました。
 幼少時はルナと可愛らしい名前で呼ばれており、そこら辺の設定も拾ってくるのかなと思っていたり。
あまり差をつけて勝つ馬ではないのでベストレースを選ぶのは難しいですが、十千さん的には二回目の有馬記念ですかね。 
 
 その年に皐月賞と菊花賞を制したミホシンザンを従えて先頭を駆け抜ける威風堂々たる様はまさしく皇帝と言えるのではないでしょうか。
 愛称はルドルフ。

1458965620_1_22_c73ea097ac495a369e6149738e3a94c8
 











 これも簡単ですね? あの馬です。日本競馬史において国民的知名度を誇っていた最後の馬。ディープインパクトです。

ディープインパクト 牡 父サンデーサイレンス 母ウインドインハーヘア(母の父Alzao) 
14戦12勝GⅠ7勝
主な勝ち鞍
・皐月賞 ・日本ダービー ・菊花賞 ・春の天皇賞 ・宝塚記念 ・ジャパンカップ ・有馬記念 

 シンボリルドルフから21年ぶりに無敗で三冠ロードを走り抜き、同じく七冠馬となった名馬です。 
 道中は最後方を追走し、全ての馬をこともなげに抜いていくレーススタイルは多くの人々を熱狂させ、引退してからは種牡馬として輝かしい実績を残し続けています。故にファンが多く、アンチも多いのですが、この馬を抜きに21世紀の競馬シーンを語るのは不可能と言ってもいいのではないでしょうか。
 この馬のベストレースを選ぶのも難しいですね。二度目の有馬記念や若駒Sなど素晴らしいレースが沢山あるので。強いてあげるのなら春の天皇賞でしょうか。 

  このレースは3200mのレースなのですが、3000m通過時点のタイムが3000mの世界レコードより早いというとんでもないレースです。当然世界レコード。この馬の武器であるロングスパートが一番分かりやすいレースかもしれません。最高時速が他の馬より抜きん出ている上に、最高時速を維持出来る時間が他の馬より圧倒的に長い。そりゃあ強いわけですよ。
 愛称はディープ。

1458965620_2_7_b1360031d93e12b3ff8062dc695a1db5













 この馬も非常にわかりやすいですね。そう、あの馬です。日本競馬界の悲願に最も近づいた馬。 エルコンドルパサーです。

エルコンドルパサー 牡 父Kingmambo 母サドラーズギャル(母の父Sadler´s Wells)
11戦8勝GⅠ3勝
主な勝ち鞍
・NHKマイルカップ ・ジャパンカップ ・サンクルー大賞

 日本馬として初めてジャパンカップを三歳で制し、後に最強世代と呼ばれる98世代の中でも最強の呼び声が高い外国産馬。四歳になってからは国内に敵はもういないと判断し、長期欧州遠征を敢行。世界最高峰のレースと言われている凱旋門賞において、あと一歩というところでフランスの名馬モンジューに差しきられ、半馬身差の惜敗。この結果に日本競馬界は希望を見出すと共に、勝たなければならないという呪いを潜在的に植え付けられてしまいました。以降、毎年のように日本馬が凱旋門賞に送り込まれていますが、2016年現在、まだ勝った日本馬はいません。
 この馬のベストレースをあげるとしたら、負けてしまいましたが凱旋門賞でしょうか。このレース以降、日本競馬界において凱旋門賞というレースの認識は明らかに変わりました。

 うん。やっぱり、重馬場のモンジューは強いですね。正直、馬場が悪いときのモンジューは歴史上最強クラスだと思っているので、半馬身差の二着は素晴らしいです。現地では「チャンピオンは二頭いた」と称えられたと伝えられております。
 愛称はエルコン。エルだとエルグランセニョールと勘違いする人がいるの……いないか。いないです。いなーい。

1458965620_1_13_b88733d565010ddc9430218e6b51caef












 この馬もかんたーん。そう、あの馬ですよ。あの馬。スピードの向こう側に駆け抜けた最速の馬。サイレンススズカです。

サイレンススズカ 牡 父サンデーサイレンス 母ワキア(母の父Miswaki) 
16戦9勝GⅠ1勝
主な勝ち鞍
・宝塚記念 

 先の三頭に比べ実績は大したことがないかもしれません。この馬は記録よりも記憶に残る馬なので。鞍上に日本競馬界の象徴たる武豊騎手を迎え入れると、他馬をどこまでも突き放す大逃げという個性を武器に連戦連勝。あのエルコンドルパサーやグラスワンダーという98世代最強の二頭を子供扱いするなどインパクトのある要素が満載です。最後はダントツの一番人気で迎えた秋の天皇賞の最中に足を骨折。府中競馬場が悲鳴に包まれる中、予後不良の判断が下され、この世を去りました。もし、脚が無事だったなら、あのレースは勝てていたのだろうかと想像する競馬ファンはきっといません。こう思う人が多いでしょう。もし、脚が無事だったなら、あのレースはどんな世界レコードを叩き出したのだろうと。
 この馬のベストレースは金鯱賞ですかね。メンバー的にはエルコンドルパサーやグラスワンダーに影すら踏ませなかった毎日王冠も捨てがたいですが、金鯱賞の方が「これがサイレンススズカだ!」って感じです。

 ね? インパクトのある馬じゃないですか?
 愛称はスズカ。あるいは(サイレン)ススズ(カ)。
 

 って感じで、今日はお終い。思ったより長くなっちゃったので、何回かに分けようと今考えました。 その方が読みやすいですよね。


 以上、あなたの心の当選者☆十千しゃなおでした♪ 

↑このページのトップヘ